最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

「アートフェア東京2011」開幕

アートフェア東京2011

【開催日程】7月29日(金)11:00~21:00
      7月30日(土)11:00~20:00
      7月31日(日)10:30~17:00
【会場】
第一会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール1
第二会場「PROJECTS」: 同会場ロビーギャラリー1、2
(東京都千代田区丸の内3-5-1)
URL:http://www.artfairtokyo.com/


国内外のギャラリーが集結し、選りすぐりのアートを展示販売する日本最大の美術見本市「アートフェア東京 2011」が、7月29日に開幕する。毎年春に開催されている「アートフェア東京」は2011年、東日本大震災の影響により7月末へと延期。東京国際フォーラムを会場に、今年は133軒のギャラリーから多様な作品が出展される他、復興支援のプラットフォームとなる関連企画も実施される。


img.jpg


スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(2)   2011.07.29    [ Myカテゴリ:INFORMATION ]

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011

TABF_2011_WEB_2_512PX.jpg



7月16日から18日までの3日間、アジア最大のアートブックフェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR(ザ・トーキョー・アート・ブック・フェア)」が、「3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)」で開催される。3年目を迎える今年は、昨年よりも会場スペースを拡充した空間に世界中から150組を超える出版社、ギャラリー、アーティスト、ブックショップ等が一堂に会する。

「THE TOKYO ART BOOK FAIR」は、会期に合わせて発表される新作を出展者と来場者がコミュニケーションを取りながら売買することのできるスタイルが特徴。今年度のメインテーマは"TIMELINE(タイムライン)"。様々な雑誌や本からアートパブリッシングの歴史(=TIMELINE)を考査し、電子書籍を含めた新しい出版形態に関する企画展示を行う。


THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011
開催日: 7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝) 11:00-19:00 (18日は18:00まで)
場所: 3331 Arts Chiyoda 東京都千代田区外神田6-11-4 (Access)

トラックバック(0)   コメント(0)   2011.07.15    [ ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:展示会、イベントの情報 / Myカテゴリ:INFORMATION ]

TASTING ART EXHIBITIONS at:阪急百貨店メンズ館

TASTING ART EXHIBITIONS
阪急百貨店メンズ館
2010年3月3日(水)ー14日(日)

大阪、梅田の阪急百貨店で開催する「テイスティングアートエキシビジョン」に横井勝利がコーディネーターの一人として参加することになりました。出展作家は下記の4名のペインターです。お近くにお寄りの際はぜひお出かけください。

石居麻耶 / 野依幸治 / 前田さつき / 平田あすか



1.前田

前田さつき 「花雪」 2009 ボールペン、アクリルガッシュ、色鉛筆 29.7×21cm



hirata.jpg


平田あすか 「森の目覚め」 2008 雲肌麻紙、水彩、色鉛筆、鉛筆 83×64cm 


3.石居

石居麻耶 「未読の夢」 2008 アクリル、ペン、色鉛筆、木製ボード 45.1×91.1cm



4.野依

野依幸治 「酒場の鏡」 2009 油彩、砂、キャンバス、パネル 45.5×53cm



■開催趣旨

阪急百貨店メンズ館は、衣食住に加え、アート、デザイン、サウンドなどの様々な文化的で本質的な要素や個性を組み合わせた、新しいライフスタイルの提案を目的に、
「テイスティングアートエキシビション01‐サンキュー百貨店アート館‐」を開催いたします。
本展では、ギャラリー、美術団体、キュレーターなどが個人名で推薦する、新進アーティストの作品を中心とした約100 点の現代美術作品を、メンズ館内に一堂に展示し、お客様にアートを気軽に楽しんでもらう(美術鑑賞・コレクション)機会をご提供いたします。
本展が美術の裾野を広げ、美術愛好者・コレクター、アーティスト、キュレーター、批評家などの新たな開拓と成長のきっかけとなり、これからの日本のアートシーンの発展に貢献できればと願っております。


■会期・会場
会期 … 2010 年3 月3 日(水)?2010 年3 月14 日(日)
(日・月・火 10:00?20:00 水・木・金・土 10:00?21:00)
会場 … 阪急百貨店メンズ館 大阪市北区角田町7‐10



■関連イベント
交流会/インストアライブ(Sound: 金崎亮太 Visual: Mad Channel)
… 2010 年3 月3 日(水)17:00? Bookstore& cafe The Lobby(3F)
プレス受付も交流会の際に行います。
詳細は下記のテイスティングアートエキシビション実行委員会までお問い合わせ下さい。

金崎亮太…“人の声”という最も身近な素材から構築される彼の音は、全く固有な音楽の在り方を提示する。2008 年?2009 年に渡り、兵庫県立美術館にてインスタレーションやコンサートを開催。
空間全体が彼の表現の支持体となる完全に唯一無二なその空間は、静かながら確かな強度を持った衝撃を鑑賞者にもたらせてくれる。


■問い合わせ先
テイスティングアートエキシビション実行委員会
〒530-8350 大阪市北区角田町8‐7 阪急百貨店メンズ館 営業計画部
電話 06-6361-1381(代表) eメール sineisui@hankyu-dept.jp(担当 中谷・矢野)

■主催:阪急百貨店メンズ館

■企画制作:テイスティングアートエキシビション実行委員会
[総合ディレクター] 戸嶋一博
[アートディレクター] 岡崎こゆ / 籠山毅 / 金崎亮太 / 高嶋慈 / 野口卓海
[コーディネーター]
岩瀬幸子 / 小金沢智 / 島田浩太朗 / 武方英恵 /竹松千華 / 野元大意 / 広本伸幸 /
藤村あさ子 / 宮川尊徳 / 山田浩之 / 横井勝利

■協賛
アートフロントグラフィックス / アートスペース羅針盤 / inter-code / エムケイワン(株)/ GALLERY IDF / ギャラリータグボート / nca|nichido contemporary art
/Bookstore & cafe The Lobby / YOKOI FINE ART / YOSHIAKI INOUE GALLERY / kaind.inc

■参加コーディネーター(ギャラリー)…紹介作家
1. 岩瀬幸子( nca|nichido contemporary art )…越中正人
2. 岡崎こゆ(アートスペース羅針盤)…中風明世 / 満尾洋之
3. 籠山毅(inter-code)…アイコ / 小沢さかえ / 草間彌生 / 館勝生 / 太郎千恵蔵 / 仲山タツロウ / MASAKO / 村上隆
4. 金崎亮太…gaimon / Kass1 / shigeru / KOMEYA 3Q PALABOK / 谷内一光 / 平井佐知 / MASAGON / 前田和洋
5. 小金沢智…井上光太郎 / kaz
6. 島田浩太朗(アートフロントグラフィックス)…ジャウマ・アミゴー / 高浜利也 / ペドロ・カラペッツ
7. 武方英恵(ギャラリータグボート)…垂谷知明 / Bdap / 渡辺おさむ
8. 竹松千華(GALLERY IDF)…麻生志保 / 佐藤香菜 / 深堀隆介
9. 戸嶋一博(エムケイワン(株))…アントニー・ミカレフ / サダヒロカズノリ / 平竹晋也 / BT(美術太郎) / ミスター
10.野口卓海…内尾佳那 / 島田奏 / 中川原崇志 / 田中秀介 / 原田みどり / 水長遥 / 中川恵菜 / 福田侑介 / 八木徹平
11.野元大意(Monkey-Zamurai)…島田洋平 / 新保勇樹 / 山下智史
12.広本伸幸…大田和亜咲宜 / 奥津香里命 / 門倉直子
13.宮川尊徳(Kaind)…荒木啓子 / 田中梅夫 / 堀之内麻世 / Mimoe
14.山田浩之(YOSHIAKI INOUE GALLERY)…岡本啓 / 草間彌生
15.横井勝利(YOKOI FINE ART)…石居麻耶 / 野依幸治 / 前田さつき / 平田あすか




お問い合わせ
--------------------------------------------------------------
YOKOI FINE ART 株式会社
〒106-0044 東京都港区東麻布1-4-3 木内第二ビル6F
(都営大江戸線「赤羽橋」徒歩5分、日比谷線「神谷町」徒歩7分)
TEL:03-6276-0603 FAX:03-6276-0604
e-mail:info@yokoifineart.jp
web site:www.yokoifineart.jp
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.03.03    [ ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:アート / Myカテゴリ:INFORMATION ]

2010 フランティック アンダーライン

2010.2.26(金)- 3.13(土)
会場:frantic gallery
開廊時間:(火 - 土)
12:00-19:00 (Tue.- Sat.)
閉廊日:日、月、祝


frantic galleryは2010年の始まりに、力強く、決定的なアンダーラインを提示します。巨大で活発ではありますが、安定していないアートシーンの中心にいながら、我々は美術的な決定、美的なプログラム、及び批評上の注意において堅固な選択をします。過去に展示した作家を強調し、既に知られているアーティストの新たな側面に注目し、登場したばかりの作家へより深いフォーカスをあて、まだ無名な若手について言及します。frantic galleryは、一緒にアートについて思考していきたい作家の名前に2010のアンダーラインを引きます。

exhibition_now201002.gif

frantic gallery
http://www.frantic.jp/


トラックバック(0)   コメント(0)   2010.03.02    [ Myカテゴリ:INFORMATION ]

Editions vol.4

Editions vol.4

出展作家:阪本トクロウ、諏訪敦、MAYA MAXX、宮嶋葉一

2010年2月20日(土)?3月27日(土)
火?金 12:00?19:00/日・月・祝日休

キドプレスでは2月20日より、3月27日までの期間においてEditions vol.4を開催いたします。
これまでにキドプレスにて個展を開催した国内作家の中から、諏訪敦、阪本トクロウ、MAYA MAXX、宮嶋葉一の版画作品を出展しております。
これまでの展覧会でお見せしきれなかった、未展示の作品を多く展示しておりますので、この機会にどうぞお立ち寄りください。


1.jpg

阪本 トクロウ Tokuro Sakamoto

「呼吸」エッチング 2009
略歴
1975年 山梨県塩山市生まれ。
1999年 東京芸術大学 美術学部絵画科日本画専攻卒業
2000年 早見芸術学園 日本画塾卒業

主な展覧会
2009年  個展 (ギャラリーMoMo)
      個展 (KIDO Press)
      アートフェア東京(東京国際フォーラム/有楽町)
2008年  アートフェア「ART Singapore 2008」(Suntec Singapore /シンガポール)
      VOCA 2008(上野の森美術館/上野)
      新収蔵品展(山梨県立美術館/甲府)
2007年  アートフェア「東京コンテンポラリーアートフェア」(東京美術倶楽部/新橋)
      ART Shanghai 2007 (上海世貿商城/上海) など

 阪本トクロウの描く世界、それはふと懐かしさを感じる、のどかな日常の風景です。
そのどれもに描かれた場所の空気、におい、音までもが感じられるような、独特の世界感が漂います。 
今回は、昨年6月の個展で未展示のものも含めた数点をご覧いただけます。



2.jpg

諏訪 敦 Atsushi Suwa

「どうせなにもみえないvol.3」 リトグラフ 2009
略歴
1967年  北海道生まれ。
1992年  武蔵野美術大学 大学院造形研究科を修了。
1994年  文化庁派遣芸術家在外研修員としてスペインに滞在。この滞在中に、バルセロ財団国際絵画コンペで大賞を受賞。

主な個展
2009年  諏訪敦展 (KIDO Press)
2008年  諏訪敦絵画作品展 「複眼リアリスト」(佐藤美術館)
2007年 「SLEEPERS 3.0」(第17回 東美特別展・東京美術倶楽部)
2003年 「JAPANESE BEAUTY」(NAKAJIMA ART)
2000年 「大野一雄・慶人」(MITSUKOSHI,LTD.) など

 2000年に発表された、前衛舞踏:大野一雄氏を描いた作品を出発点とし、その後次々と伝説的な名作を生み出しています。
その特化した超絶的描写の根底には、作家が対象に抱く畏敬の念、慈しみの心がありありとうかがえます。
今回は、諏訪敦作品の中でも希少な、自画像(リトグラフ)を展示しています。



4.gif

マヤ・マックス MAYA MAXX

「ムニート」エッチング 2009 
略歴
1961年 愛媛県に生まれる
1984年 早稲田大学教育学部卒業
2007年 - 2009年 NYで活動後、帰国

主な個展
2009年 「MAYA MAXX展」(KIDO Press)
     「十牛図に挑む MAYA MAXX展」(何必館・京都現代美術館)
2008年 「 For Tomorrow MAYA MAXX 展 」(何必館・京都現代美術館)
2007年 「MAYA MAXX Print Art展」(KIDO Press)など

ソウルフルで自由な絵画表現と愛とユーモアに溢れた思想で、現代日本の若い感性を魅了し続けるMAYA MAXX。
NY水族館で突然起こったMAYA MAXXとラッコの出会いから始まった、ラッコシリーズから、今回は未展示の3点を展示しています。
ぼさぼさとした毛並みが可愛らしいラッコたちが、こっちを見ているよ!



3.jpg

宮嶋 葉一 Yoichi Miyajima

「避雷針」エッチング 2007

略歴
1954  大阪府に生まれる
1980  東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1982  東京藝術大学美術研究科大学院油画修士課程修了
1988 -1998  デュッセルドルフ市(ドイツ)に滞在
2001 - 2004 東京芸術大学美術学部油画科非常勤講師
現在  千葉県在住

主な展覧会
2010 「カオスモス'09 作家はつぶやく」(佐倉市立美術館)現在開催中!
2009  「宮嶋葉一展」(ワダファインアーツ)
    TIME & STYLE MIDTOWN (ミッドタウン内)
2007 「WORKS OF ART」(KIDO Press)
2005  D/J Brand -ドイツに学んだアーティストの発火点- (東京芸術大学大学美術館)
2004  2004年 COMME des GARSONS秋冬コレクションフラーヤーに作品が起用される。 など

宮嶋葉一の作品は、まっさらな白い画面と、力強い漆黒の線で構成されます。
一見シンプルな絵画のモチーフは、マーケットで売られているローストチキン、富士山の上に堂々と輝く太陽、そして街にそびえる給水塔と避雷針など、日常のどこかで私たちが目にしている形を取り入れており、そこには生活のなかにある小さなユーモアを感じることができます。
銅版画によって起こるインクと紙の特殊な出会いが、宮嶋作品に新たな魅力を生み出しています。



展覧会に関するお問い合わせはこちらまで。

KIDO Press, Inc.
〒135-0024 東京都江東区清澄1-3-2-6F
printart@kidopress.com
Tel & Fax: 03-5856-5540

Copyright (c) Tokuro Sakamoto and KIDO Press 2009 All rights reserved.
Copyright (c) Atsushi Suwa and KIDO Press 2009 All rights reserved.
Copyright (c) MAYA MAXX and KIDO Press 2009 All rights reserved.
Copyright (c) Yoichi Miyajima and KIDO Press 2007 All rights reserved.
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.02.22    [ ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:展示会、イベントの情報 / Myカテゴリ:INFORMATION ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。